京都水族館のペンギンの名前は投票で決まりますよ!

現在京都水族館では来館者に赤ちゃんペンギンの名前を投票してもらっているそうです。

完全に一から名付ける訳ではなくて候補が10個あってそれを来館者が投票、最多得票だった名前がこのペンギンの名前になるという事です。

これまでも京都にちなんだ名前が付けられているんですが、その中の一頭の名前がちょっといいのかな?と思うのですが…

「たこ」って名前なんですって…

蛸薬師通にちなんだ名前だからそうなったんですが、もうちょっとなんかなかったんかと思うのは私だけでしょうか?

だってペンギンですからね…もう犬に「ねこ」って名前付けるようなもんですよね。京都水族館だから京都にちなんだ名前なのは分かりますけどね。紛らわしいですよね。単純においおいってだけでなくて。

でもそんな名前なら逆に目立つかもしれませんね。今回が初めて投票になったという事ですからもしかしたら水族館側が狙ったのかもしれませんね。

今回投票となったペンギンは一体どんな名前になるんでしょうか。ちなみに「さい」が候補にあるのでまた別の動物になるかもしれませんね…

動物を飼うということはかなり重要なことになります

飼うというのはいろいろなものがありますが、さすがに犬猫クラスからそれなりに準備と覚悟が必要になってくることでしょう。お金もそうですし、時間もとられることになるからです。これは仕方ないことではありますが、それ以上の精神的なリターンがある、ということはよく理解しておきしまょう。それに可愛いですから、ストレス解消になります。動物というのは利益を生み出すタイプの物もあります。つまりは家畜なわけですが、愛玩系ではまったくそんなことはありませんから、その点は認識しておくべきです。しかし、今現在、家庭での家畜というのは要するに愛玩動物になりますから、そこまで気にすることではないでしょう。とにかく愛することができて資金があるのであればそれは十分に飼う価値があるといえるでしょう。世話をする余裕というのがとても大事になります。時間的なコストも考えておくことが動物を飼う、ということになりますから覚えておきましょう。